手足口病って?

京都市山科区にある病児保育室OLIVE(オリーブ)よりお届けします。

こんにちは!

病児保育室OLIVEです。

夏、子どもたちの間で流行りやすい病気のひとつが

「手足口病(てあしくちびょう)」です。

手のひら、あしの裏、口の粘膜、肘、膝、お尻などに水ぶくれが現れるのが特徴です。

発熱することもあります。


手足口病はウイルスの感染によって起きる感染症です。

感染経路は、咳やくしゃみのしぶきを吸い込むこと(飛沫感染)と便に排出されたウイルスに触れてしまうこと(接触感染)などです。

そのため、予防のためには手洗いや消毒、マスクの着用といった基本的な対策を徹底することが大切です。

大人にうつることもあります。特効薬はありません。

治療は症状を和らげる対症療法が主体となります。

多くは、一週間以内に自然に治りますがまれに髄膜炎などの合併症が起きたり、治ってから手足の爪がはがれ落ちることもあります。

口の中にみずぶくれができた場合、食事や飲み物をうけつけなくなることから、脱水症状になるケースもあります。

オレンジジュースなどの刺激のあるものは避け麦茶や牛乳、冷ましたスープなどのどごしのよい飲み物がおすすすめです。

食べ物はゼリーやプリン、冷めたおじややお豆腐など、かまずに飲み込みやすいものが食べやすいでしょう。

栄養のバランスがよい事にこしたことはないのですが体力をおとさないためにも病気の時は本人が食べたがるものを多めに食べさせてあげてください。

---------------------------------------

随時登録を受け付けています。

ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

保育園NOAH KIDS病児保育室OLIVE

075-501-5271

保育園 NOAH KIDS(ノアキッズ)

内閣府所管企業主導型 保育園 NOAH KIDS